ぞうりのTPO

ぞうりには大きく分類すると
礼装用訪問用おしゃれ用
があります。
和装も洋服の感覚で着こなす
ようになったとはいえ、昔から
のきまりを守ったうえでないと
失礼になったり、品位を下げた
します。一応のとりきめをお守
りください。
礼装用のぞうり
佐賀錦など、金銀のはいった裂地のもの。
白または金銀のはいったエナメル地。
錦織各種。

成人式・結婚式・卒業式・謝恩会・結納用・・・
訪問用のぞうり
帯地各種、高級パール染、ビーズ、佐賀錦
加工、白地または淡色のローケツ、コハク錦、
うす色のエナメル皮。

子供の入学式・卒業式・気楽なパーティ・訪問・
お見合い・お祝い・・・
おしゃれ用のぞうり
染と柄(ローケツなど)各種、エナメル・ワイン、爬虫類、
オーストリッチ、メッシュ、シコロ織パナマ・シザール(夏向)、
他各種趣味的な素材を使用したもの。

趣味の集い・PTAの集い・クラス会・観劇・・・

きれいに見える履き方

 サンダルのようにしっかりと足の指をいれてしまってはぞうりの履きこなしとしては失格。
前坪を軽く挟むような感じ、踵は1〜2cm程度ぞうりからはみ出る。小指はほんの少しだけぞうりからでるくらい。こんな履き方が最高。
もちろん、それぞれ足のサイズや幅も違うのでこんな理想的な履き方は難しいものですが、少なくとも、両坪の具合だかは守りたいもの。
あまり深く足を入れると、いわゆる「ヤボ」になりかねません。



着物とぞうりの合わせ方


BACK TOP NEXT